サッポロビール(株)は、 『ふるさとのために、何ができるだろう?』をスローガンに創業の地である北海道の行政とも協働し、地域活性の貢献を目指す取り組みを続けています。このたび北海道を舞台に、新たなプロジェクトにチャレンジしたい「挑戦者」とその活動を支援したい「応援者」をつなぐコミュニティづくりを目指した共創活動「ほっとけないどう」を2019年6月6日より開始します。
「ほっとけないどう」では、「挑戦者」と「応援者」をつなぐ様々な仕組みを設けますが、取り組みの中心となるのは、「ほっとけないAWARD(プレゼンテーションイベント)」で、そのイベントで挑戦者が発表したプロジェクトに対して資金協力できる「カンパイ☆ファンディング」が行われます。
「カンパイ☆ファンディング」は、6月7日にオープンする「ほっとけないBAR」(注1)でドリンクを購入することにより、支払額の半額を支援したいプロジェクトへ資金協力できる世界初?!のサービスです。
サッポロビールは、この取り組みを通して、北海道がさらに活性していけるよう応援していきます。
https://www.sapporobeer.jp/news_release/0000011215/


生きたい場所で生きる人の旗印に。京都移住計画代表・田村 篤史さんが来札!第2回「ほっとけないSHOW」


特産品で地域を元気にするプロジェクトが集合!第3回「ほっとけないAWARD」開催


思いついたことは、とにかくやってみる。長野県塩尻市職員・山田 崇さんを迎えて第1回「ほっとけないSHOW」開催

その他の記事はコチラ